在校生・OB・教員からのメッセージ

教員

「自分の心を真っ白にして、その人の人生を知り、
これからの歩みを伴走する」
そんな姿勢を大切にしたい。
係長 邑岡 志保

【担当科目】

人間関係とコミュニケーション、社会保障制度の理解、介護の基本Ⅱ、地域福祉実践論 等

介護福祉士にとって大切なことは?

福祉の仕事は人と言葉を交わし、からだに触れ、心を通わせる究極の人相手の専門職です。人生に歴史があり、思いを持った方々をご支援し、生活を共にしていくと「私自身が支えられている」と実感し、仕事を通じて人と接することの大切さを感じます。「自分の心を真っ白にして、その人の人生を知り、これからの歩みを伴走する。」そんな姿勢を大切にしたいと思います。

学生時代について

勉強はほとんどしていませんので、偉そうなことは言えません。ただ、私の人生に大きな影響を与えたのは、学生時代に起きた阪神大震災でのボランティア経験です。目にするものに恐怖と衝撃を受け、そこに住む方々との協働に明け暮れた半年間。その時の経験が私の背中を押し、福祉の現場に飛び込みました。学生時代は何でも経験してみるチャンスです!

座右の銘

「自分の顔は自分でつくる」。自分の感じ方や考え、口にする言葉の一つ一つが細胞となって「自分になっていく」。共に過ごす人たちとの時間や人生経験が「自分の幹となっていく」。そう思いながらいろんな経験を積んでいこうとしています。こけたっていいんです!それもいい経験です!

在校生

大塚 玲奈

在校生

光吉 由真

在校生

イム ヒョンジン

OB生

山際 愛舞

OB生

谷口 夏乃

教員

金子 清美

教員

河田 信子

教員

重岡 秀和

教員

邑岡 志保

ページトップ