在校生・OB・教員からのメッセージ

在校生

日本語能力や、身内のいない国での生活の不安を
助けてくれたのは先生や友達からの助け。
gyeongsang national university出身 イム ヒョンジン

入学前に不安に思っていたことはありますか

入学前に一番不安に思っていたのは, 自分の日本語能力で勉強や授業など学校生活を追いつけるのかまた、身内もいないよその国で上手く生活できるかという心配でした。もちろん最初は様々大変なことがありましたが、一生懸命頑張って今は勉強も日本での生活もだいぶ慣れてきました。自分が努力してきたこともありますが、その時その時先生や友達など周りからの助けがありまして、今まで問題なく勉強や生活が出来たのではないかと思います。

好きな授業の科目は何ですか

好きな科目は介護過程です。介護過程では、利用者さんの望むより良い生活を実現するために介護福祉士として必要な思考過程を学ぶことができて良かったです。実習の時、自分で立てた計画を利用者さんと一緒に実施してみてちょっとずつ変化が見られた経験から、「より良い生活」という意識を持って計画的に関わることが利用者さんの生活の質を高めるためにどのぐらい大事なのか実感できました。この経験を通して介護過程の各段階を正しく理解してみたいと思いました。

1日のスケジュールはどんな感じですか

日によって変わることがありますがだいたいのスケジュールは、7時30分に起床し支度をします。尾道駅から9時のバスを乗って学校に行きます。9時40分から一限目の授業が始まり11時20分からの二限目の授業が終わると昼休憩があります。昼ご飯を食べたりリラックスしたりして過ごします。3時10分までの3限目の授業終わったら4時からは学校の隣にある施設で7時30分までバイトをします。家の帰りに買い物に行ったら家につくのは9時くらいです。その後は、本を読んだり運動したり個人的な活動をし12時くらいに就寝します。

在校生

大塚 玲奈

在校生

光吉 由真

在校生

イム ヒョンジン

OB生

山際 愛舞

OB生

谷口 夏乃

教員

金子 清美

教員

河田 信子

教員

重岡 秀和

教員

邑岡 志保

ページトップ